• ホーム
  • ヘルペスにもいろんな種類がある!

ヘルペスにもいろんな種類がある!

心配している男性

ヘルペスという病気は聞いたことがある方も多いと思いますが、実際の内容を正確に把握している方は少ないと思います。そこで次はヘルペスがどんなものかについて押さえていきましょう。

ヘルペス自体は良くあるウイルスが原因で、皮膚や粘膜に感染して水膨れや痒み、赤みが出ることです。実は無自覚ではあるけれど感染している人がかなり多く、半数以上が感染していると言われています。60代以上だと殆どの人が感染しているとも言われている程で、とても一般的な病気なのです。

そんなヘルペスですが、種類が豊富で幾つものヘルペスが存在しています。最も一般的なのが口唇ヘルペスになります。唇の周りに赤いぽつぽつができて、かゆみに悩んだことがある方は多いのではないでしょうか。実はこれが口唇ヘルペスで、すぐに治ってしまいます。酷い症状が出る人だと水ぶくれができてしまいますが、2週間もすれば治ってしまいます。ですので、これが病気だと思わず、そのままにしてしまっている人が多いのです。

帯状疱疹とも言われている帯状ヘルペスは口唇ヘルペスに比べて症状が酷いのが特徴で、水ぼうそうのウイルスが原因です。かつて水ぼうそうにかかったことのある人の体内にウイルスが潜んでいて、それが何年も経って再発してしまうのです。通常お腹から背中にかけて水ぶくれができます。通常は帯状に体の左右どちらかに水ぶくれができるのですが、免疫力が低下している時だと全身に出てしまうこともあるのです。

しかも神経を通ってウイルスの症状が発現してしまうので、かなりの痛みを伴うのも特徴の一つです。帯状ヘルペスは通常の水ぼうそうよりも痛みが強くて長引きます。ワクチンを接種すると予防することができますし、発症しても症状を軽くすることができますよ。

性器ヘルペスは性器やお尻等の皮膚が赤くただれたりぶつぶつや水ぶくれができたりすることです。再発であれば症状は軽いのですが、初めてだと強い痛みと発熱を伴うことがあります。性器ヘルペスは再発だと気付かないことも多いので、パートナーに移してしまうことも。

症状も様々な分治療薬も様々です。バラシクロビルとアシクロビルが主なものになります。バラシクロビルが含まれている治療薬がバルトレックス、アシクロビルが含まれている治療薬がゾビラックスになります。
ゾビラックスは世界初のヘルペス治療薬となっており確かな実績があるので、初めてヘルペスの治療薬を購入するという場合にはおすすめです。

軽い症状であればゾビラックス軟膏等の塗り薬でも対応することができますが、症状が重い場合はバルトレックスやアシクロビルの飲み薬を服用しなければいけません。それでも治らない場合には注射をするケースもあります。

初めてかかった場合に5日から10日程治療薬を服用しなければいけませんが、再発であれば最短2日で治すことができます。症状が現れてからすぐに服用した方がより効きが早く効果的なので、すぐに病院にかかった方が良いでしょう。もしも再発なのであれば、医師と相談して常備薬として手元に置いておくと効果的です。

また、病院に行く場合には保険が適用されるかどうかも重要です。ヘルペスは保険適用になる病院と自由診療になる病院とあります。自由診療であれば1万円以上かかってしまいますが、保険が適用されたら3000円で済みます。かなり金額的にも大きいですよね。再発する可能性を考えると、きちんと確認した上で受診することをおすすめします。

もしも何度も再発をするようであれば、再発抑制療法を受けた方が良いでしょう。年間7万円の治療費がかかりますが、保険が適用される項目になります。1年と期間は制限されていますが、行うことによって再発の頻度を減らすことができます。何度も症状が出るようであれば、抑制療法を検討してみるのもおすすめです。