• ホーム
  • 性器の強いかゆみはカンジダかも?

性器の強いかゆみはカンジダかも?

悩んでいる男性

もしも性器のかゆみを感じた場合にはヘルペスではなくてカンジダの可能性があります。カンジダは性病ではなく、女性が膣内に保有している常在菌の1つであるカンジダ菌が増えてしまうことによって発症し、女性からは切っても切り離せない病気です。

例えばムレた状態である、風邪で免疫力が下がっているとカンジダ菌が異常に繁殖してしまうことが原因になることも。それだけではなく抗生物質を服用していることによって、善玉菌が減って相対的に増えてしまうこともあります。免疫力が下がっているだけであれば、免疫力回復した後に治ることも多いです。特に夏場の生理の時になりやすいですが、生理が終わったら治ったということもありますよ。

男性がなることは珍しく、感染している女性と性行為をすることによって移されてしまうことが極稀にあります。男性器は粘膜ではなく皮膚なので感染する確率はかなり低いのです。特に包茎の人は雑菌が残りやすく、そこで菌が繁殖してしまうことがあるのです。症状としては亀頭のかゆみや白いカスが出たりする、水ぶくれができる等があります。

良くカンジダは性病と勘違いされることがありますが、原因は膣内の常在菌が原因です。性行為が原因で感染することがありますが、その確率は殆どありません。ですので性病よりも女性特有の病気という側面の方が強いです。

カンジダの症状は強烈な性器のかゆみが一番の特徴です。血が出ても掻いてしまい、最終的に痛みを伴う程のかゆみにまで発展します。

ですので、性交した時の痛みも症状として出てきます。性交した時の痛みは炎症が酷い時に出ますが、元々性器のかゆみがあって掻きむしってしまっている場合には悪化していなくても痛みを感じることも多いです。

更におりものが白く濁ったおりものも出てきます。カッテージチーズのようなぽろぽろとした白く濁ったおりものになり、臭いもきつくなっているのですぐに判断可能です。

カンジダに効果的な治療薬も押さえておきましょう。以前であれば膣内を洗浄する膣錠か塗布する軟膏が主流です。最近では技術が発展してきて、内服薬で抗真菌薬を利用することもあります。

カンジダに効果があるのはクロトリマゾールが含まれた治療薬です。クロトリマゾールは真菌に効果のある治療薬で、即効性もあって副作用も少ない成分になります。

エンぺシドがクロトリマゾールが配合されているのですが、膣錠とクリームの2種類があります。エンペシドクリームはあくまで皮膚に使用するために開発されたものです。膣は皮膚ではなく粘膜なので直接塗布するのは危険です。エンペシドLという膣錠があるので、そちらを利用した方が良いでしょう。

ケトコナゾールはクロトリマゾールに対して真菌の増殖を増やすことを阻止してくれる成分になります。細胞膜を作る物質の働きを阻害することによって増殖を防ぐことができます。

ケトコナゾールが配合された治療薬として有名なのがニナゾールなのですが、内服薬で簡単だと有名です。塗布するのであるとべたついたり生理の時には使い辛かったりするのですが、そんな心配がないのもポイントです。

カンジダは女性であれば何度でもなってしまいます。ちょっと体調を崩しただけでなってしまうこともありますし、月に一度の生理の時でさえ危険なのです。なるべく通気性の良い下着を履いたりこまめにナプキンを交換することも重要ですが、1日3食バランス良く食べること一番大事です。かゆみはなかなか我慢できず、出血するほど掻いてしまうことも多々あります。そうなるとかなり長引いて辛くなってしまうので、そうならないように事前に防ぐように日ごろから気を付けるようにしましょう。