• ホーム
  • 感染率の高い性病クラミジア!治療薬とともに紹介

感染率の高い性病クラミジア!治療薬とともに紹介

男性を診ている医者

性病としても名高いクラミジア。最も一般的な性病として認知されています。

『クラミジアの原因』と同時に一番の特徴でもあるのですが、クラミジアの怖いところは自覚症状がないことです。そのため気付かない内に誰かに感染させてしまうケースが多いのです。

感染する原因は性行為になります。接触することによって簡単に感染していき、一回の性行為で30%から50%の確率で感染してしまいます。オーラルセックスでも感染するので、咽頭クラミジアも増えてきています。ですがキスや間接キスでの感染例は少なく、原因は直接接触することのみと考えておいて大丈夫です。

『クラミジアの症状』についても押さえておきましょう。潜伏期間は大体1週間から3週間程です、男性女性で少し異なるので、それぞれについて説明していきます。

まずは男性の症状からですが、淋病の症状に似ていて、軽いものになります。尿道から透明な膿が出て、尿道の軽い痛みやかゆみ、排尿痛等です。場合によっては副睾丸が腫れたり軽い発熱があったりすることもあります。

女性の場合にはおりものが増えるのが特徴です。膣カンジダの時と違って臭いがきつくなったりカッテージチーズ状になったりしないので、判断がし辛くなります。他にも不正出血や性交痛、下腹部への痛みがあったりします。普段から生理が不規則だったり性交痛があると気付かないこともあるので、注意が必要です。

気付かないまま放置してしまうと、より重い病気になってしまいます。卵管炎や卵巣炎等を引き起こしてしまうことも。最悪の場合不妊になってしまったり、子宮外妊娠の原因にもなってしまいます。決して侮ってはいけないのです。もしも妊婦さんがクラミジアになると胎児に移ることも考えられるので、きちんと妊婦検診を受ける必要があります。

通常であれば1日から1週間の服薬で治療することができます。もしも骨盤や肝臓まで感染が広がってしまえば、3日から5日の点滴治療が必要となってしまうので、自覚症状がある場合には早めに医療機関で受診しましょう。

『クラミジアの治療薬』については複数の治療薬が存在しています。それぞれについて軽く紹介していきましょう。

まず定番なのがクラリスロマイシン、アジスロマイシン、ジスロマック等のマクロライド系です。クラリスロマイシン、アジスロマイシン、ジスロマックの特徴はなんと1回の服用で2週間も体内に抗生物質が残るので、飲み忘れて治療が失敗するということもありません。しかも妊婦でも利用することができるので、女性にも良く使われる治療薬になります。

ミノサイクリンはテトラサイクリン系に分類されて、細菌のタンパク質合成を阻害することによって増殖を抑えることができます。ミノサイクリンは1日2回飲み続けなければいけませんが、効果は絶大です。

レボクインとクラビットはキューキノロン系に分類されて、かつて主流とされていた治療薬になります。1日1回の服用が必須ですが、マクロライド系が開発されてからはそちらが主流になっています。それでもレボクインやクラビットが使われることがあり、今でも活躍しているのです。現在ではまずジスロマックを利用することが多いのですが、中にはジスロマックに耐性を持っていることがあるのです。そういった場合にはクラビットでクラミジアを治療することがあります。

クラミジアは抗生物質を服用することによって治療することができる病気です。しかし治療薬は市販では購入することができないので、必ず医師に処方してもらう必要があります。放っておくと悪化して子供が望めなくなるということも考えられるので、症状があったら治療するようにしましょう。